NEWS

とんかつと言えばロース。では脂身多め、少なめどちらがお好き?

とんかつと言えばロース。と思う方も多いのではないでしょうか。

そのロースかつに使用するロース肉ですが、1本約5kgあるんです。

1本のロース肉でも部位によって肉質も、脂身のノリも様々です

例えばこの部位は私達は「リブ」ロースと呼んでます。

●肉の断面が大きく、肉質は柔らかい
●肉にサシが入り、脂身が多く少しスジがある
●あえてこの部位を指名するファンも多い
●脂が載ってる部位はロース1本から数枚しかカットできない時もある

こちらの部位は「ヒレした」と呼んでます。もも肉に近い部位ですね。

●肉の断面は小さめ、肉質は程よい弾力
●脂身は少なめでスジも少ない
●150gでカットした場合リブ側より肉厚になります

では、脂身多めと少なめどちらがお好き?
という事に関しては、完全にお客様の好み
ということになるんですよね(笑)

クックファンでは店内お食事のご注文の時
「脂身多めがいい!」「少なめがいい!」のご要望に出来る限りお応えしています。

でも通販では、梱包時仕上がり順にランダムに箱に詰めているんですよね。

ですから、通販に関しても「出来る限り」で恐縮ですが、ご希望がございましたら、

・注文時、一番下にある「必要な場合はご記入ください」という備考欄にご要望を書いてください。

※在庫状況により、日数がかかったり、お受けできない場合もあります
※「ローズポーク・筑波山もち豚」「ヒレ肉」「小さいかつ」は部位のご指定はできません